キャンセル料金に注意する

草原と空

キャンセル料金に注意する

どこの航空会社でも名称は違えども早期に予約をすることによって割引を受けることができます。LCCには割引制度が無いという声もありますが、そもそもの料金制度が空席と連動した形になっていますので、早期に予約をすることによって安くなる可能性は高くなります。早割と呼ばれる早期予約割引は確かに格安航空券に当たるわけですが、何も知らずに購入してしまったら損をしてしまうということにもなりかねません。

スケジュールの変更ができないことが多い

スケジュールの変更をするということであれば、日程を変更するか、キャンセルをするかの2択になるでしょう。
しかし、早割を利用する場合は予約の変更をすることができないことが多いです。
もし変更がしたいのであれば、いったんキャンセルをした上で新たに予約を取り直すしかないです。
そうなると手数料などがかかって格安航空券の意味が無くなります。
そうならないためにも、チケットを確保する時に曜日も気にして確保をしてもらいたいものです。

利用するならばスケジュールを確定させる

印のついたカレンダー
早割は確かに格安に購入できる航空券であることは間違いないわけですが、日程変更などの柔軟な対応ができなくなるというデメリットがありますので、デメリットを解消するためにも同乗者のスケジュールを確定させたうえで申し込みを行ったほうがいいです。
早割がどういう航空券なのかということについてよく熟知をしておくべきです。

キャンセル料は直前になればなるほど高くなる

早割におけるキャンセル料というのは早期の場合10%などそれほど高くなるということはないです。
それはどういうことかというと、早期にキャンセルをしたとしてもまだ搭乗してくれるお客さんがいるから十分に取り戻すことが可能だからです。

しかし、直前になるとキャンセル料が高くなりますのでもしキャンセルをしたとしてもお金が残らない可能性が高くなります。
そうなるともったいないことになりますので、キャンセルが起こらないようにしておきたいものです。
確かに早割はどこの航空会社にも存在する格安航空券の一つではありますが、キャンセルを伴う時にはその料金に十分気を付けなければいけないです。

早割のメリットとデメリットを比較しながら利用する

早割を利用する場合は格安で航空券を購入することができるというメリットと、柔軟な対応をすることができないというデメリットを十分に比較しながら利用をしていくと、損をするということは無くなるのではないでしょうか。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017格安航空券で移動費を抑えることで、旅行先で使えるお金を増やそう!All Rights Reserved.